【オススメの本】キンノヒマワリ ピアニスト中村紘子の記憶

こんにちは☀️
こんばんは🌛
ピアノの姜 愛玲(かん えりょん)です。

今日は久しぶりに本のご紹介をしたいと思います。

自粛 自粛 また自粛の日々…

あらゆる事が中止になり、
時間がたっぷり生まれ
「さぁ何をしましょう」
なんてお方、いらっしゃるのではないでしょうか。

こんな時こそ時間を上手に使って
少しでも知識を身に付けられたら素敵ですね!

と言う訳で本日はこの1冊。

キンノヒマワリ ピアニスト中村紘子の記憶

「キンノヒマワリ ピアニスト中村紘子の記憶」
 高坂はる香(集英社)

言わずと知れた、
戦後日本のクラシック音楽界を率いた
大ピアニスト、故・中村紘子さん。

彼女を振り返り、
周囲の人々の証言をもとに、
また中村紘子さんご自身の著作をもとに、
高坂はる香さんが綴られた
「回顧録」と言えます。

高坂はる香さんは、
ピアノ音楽誌「ショパン」の
編集部でのお仕事をキッカケに
中村紘子さんと出会い、
数年にわたり、国際コンクール審査員としての
中村紘子さんへインタビューをして来られたお方。

中村紘子さんの人生とその功績 名言も交え

戦後、急激に変化した日本社会を生きた
中村紘子さんのご活動

ときに反発を招くこともあった
その大胆な言動も取り上げつつ
その背後にあった彼女の意図を探るべく

日本を代表するピアニストとして、
覚悟をもって歩まれたであろう
彼女の生き方と人となりを

様々な視点から振り返られています。

中村紘子さんご自身のエッセイを
お読みになられている方は、
もしかしたら既知のエピソードが
あちこちに見られるかも知れません。

※中村紘子さんは素晴らしい文才の持ち主で、ピアニストであり文筆家でもありました。その文体は鋭い観察眼と洞察力に富んでいて、抜群のユーモアのセンスもあり数々の名著があります。私姜もエッセイを数冊、楽しく拝読しました。是非。

さらさらと読みやすく、

彼女の生きた道

ステージ

国際コンクール

若手育成への情熱

と、クラシックピアノ音楽界の
アレコレ
内情(?)
スーッと頭に入ってくる読みやすい構成です。

そうそう、今でも思い出します。
2016年2月、於:サントリーホール
「浜松国際ピアノアカデミー
第20回開催記念コンサートシリーズ」
チョ・ソンジン、河村尚子、上原彩子さん
ご出演の東京公演。

私、客席で大変な感動をいただきました。

この公演のオープニングに、
音楽監督として中村紘子さん自ら
舞台に上がられ、ご挨拶されたときのこと。
ユーモアたっぷりで、
ときに胸がキュンと切なくなるエピソードも交え、
オープニングとは思えぬ長いトークをしてくださいました。

このわずか5ヶ月後に
もうお目にかかれなくなるなんて。

本を読みながら、

改めてお美しい方だったなと。

そしてこれほどのお方でも、
楽譜の上にコーヒーカップを置いたりして
コーヒー染みを作ったりするんだなと、
(もっと酷い私はピアノの弦にこぼしたりしてます💧あ、並べるなと笑)

これはそのショパンの楽譜

尊敬から親近感まで、
色々な感情が湧いて来ます。

※写真は本より引用しました。

是非一度お読みください。

しかしよいお天気ですね。
3月は家にいる間にすっかり暖かくなってくれそうです。
寒さと花粉から開放されるのは
私にとって大きなしあわせ…
そんな見かたも出来ますね^^

それでは今日もよい音楽を。
お読みいただきありがとうございました。

●お知らせ
オンラインレッスン🎹
●Blog
【旅行記】ウィーン郊外の街並み・初夏の朝の街歩き・ウィーンの森に思いを馳せて。芸術のヒントを探して。
>バーナムピアノテクニック2
【バーナムピアノテクニック2巻グループ5〜1.深呼吸】ブログでYouTube・動画解説で練習効果UP♪
●Blog
【ピアノの先生にもオススメしたい】幼児のピアノの教え方。私が参考にした本ご紹介します♪
●Blog
【他人と比べない】自分は自分、私は私😉比べるなら過去の自分と比べよう よい音楽や練習、人生に活きる考え方
●Blog
【必要♪クラシックピアノのおすすめ練習曲】〜ハノン・チェルニー・ショパン〜その成り立ちと、練習の意味や効果について
>バーナムピアノテクニック2
【バーナムピアノテクニック2巻グループ5〜10.蛙とび】ブログでYouTube・動画解説で練習効果UP♪