【ピアノが上手い人の特徴】トリルの弾き方・入れ方・運指・コツ教えます!苦手な方、できない方必見☺️

こんにちは☀️
こんばんは🌛
お疲れ様です😊

オーストリア在住ピアニストの
かん えりょんです。

今日は「トリル」についてお話しいたします。

トリル、お悩みの方も多いテーマかと。

皆さんはトリル、上手に弾けますか?

私は子供の頃、正直苦労しました。

トリルと言えば、
上手く出来ずに悔しくて、泣きながら練習した
あの忌々しい(?)記憶が蘇ります😅

初心者の方にとっては、
難しいと感じる
ピアノ演奏スキルの一つかもしれませんね。

そんなトリルですが、
ちょっとしたコツを知る事で、
グッと弾きやすくなることがあります。

事実私は、このコツを知ってから演奏が大分楽になりました。

苦手な方、できない方は
これを読み終わる頃にはトリルのコツを知って
練習のモチベーションが一気にアップすること請合いです😉

それでは参りましょう。

トリルについて トリルとは?

先ずは「トリル」の定義について
おさらいしておきましょう。

トリル(trill)とは

音楽で、ある音と、それより二度高い音とを、
かわるがわる速く奏する、装飾音。顫音(せんおん)。

(Google日本語辞書より)

〜♪ や、
ド〜♪(正確にはこれはターン)
などといったように

奏される部分ですね。
(音の違いが分かりやすいように、太字と交互に表記します。)

トリルの目的についても、
おさらいしておきましょう。

皆さんはこの「トリル」、
何のために入れるかご存知ですか?

トリルは何のために入れるの?

トリルは、そう、装飾音とも言われている通り

目立たせる、飾ることが目的

で入れる装飾技法です。

トリルを入れた部分が
オシャレでいうところの 素敵なアクセサリー✨ になる様、
演奏できるとベストな訳です。

ドレド」 の短いトリルであれば、
時に鳥のさえずりのように♪

「ドレドレドレドレ…」 と長いトリルであれば、
時に華やかでスペシャルな飾りのように♪

※一例です。

演奏できることがトリルのゴールと言えますね。

モーツァルトの「きらきら星変奏曲」で実際の弾き方を見ていこう

それでは、
トリルの定義と目的が分かったところで
実際の演奏方法を見ていきましょう。

今日の肝です。

そう、

トリルのコツ です✨

必見ですよ☺️

先ずは“聴いて”みよう! 13個のトリル、見つけられるかな?

丁度テンポが速くてトリルのある曲を
YouTubeにアップしたところでしたので、
そちらを参照しながら解説して参りますね。

先ずはこちらをお聴きください。
(57秒の動画。1分以内で見れます。)
モーツァルトのきらきら星変奏曲から
最後の12変奏です。

トリルが合計で13箇所、出てきます。
先ずはそれを耳で聴いて探してみてください☺️

如何ですか?

13箇所全部、見つけることが出来ましたでしょうか?

私のブログやYouTubeでは、

よい音楽のためには よい耳が大切

ですのでお耳を育てて行きましょう。

というお話を常々させていただいております。

もし、13箇所のトリルを見つけ(“聴き”つけ?!)
られなかった方がいらっしゃいましたら、

先ずは頑張って
13箇所全てを見つけるところから、
始めていただけますと幸いです😉

聴き取れないものは 弾く事も出来ない

ですからね😉

レッツ!お耳のトレーニング💡です。

トリルの入れ方(弾き方)4つのコツ

トリルの入れ方にはコツがあります。

それは

1️⃣自分が弾けるその曲の完成形のテンポ(はやさ)で

2️⃣曲の感じを損ねず

3️⃣自然な装飾となるように入れられる音数を探す

4️⃣指使いは “必ず” 熟考する

です。

まずこの4つが出来て
それから正しい練習が出来れば、

トリルのマスターはほぼ確実でしょう。

先ほどの「きらきら星」でも勿論、
この1️⃣〜4️⃣を全て網羅していますよ。

タネ明かしをしましょう。↓↓↓

トリル自体は全部で13回出て来ましたが、
トリルの種類としては5つでした。

①【音5つ】ドレドシド(全て白鍵)

②【音5つ】ソラソ♯ファソ(黒鍵の♯ファが1つ)

③【音5つ】ファソファミファ(全て白鍵)

④【音7つ】ソラソラソ♯ファソ(黒鍵の♯ファが1つ)

⑤【音7つ】ファソファソファミファ(全て白鍵)

これらが、この曲のこのテンポ設定で
私が自然に入れられるトリルの内訳です。

では、コツ1️⃣〜4️⃣のうち、最もテクニックに影響するのはどれだと思いますか?

答えは4️⃣の「指使いは必ず熟考する」です。

いくら1️⃣から3️⃣を上手く掴めても、
最後の工程の4️⃣が上手く行かなければ、

美しいトリルを入れることは難しいでしょう。

コツ中のコツ それは指使いである

では、先ほどタネ明かしをした、5つのトリルたちの

私が採用した指使い

これを見て行きましょう。

①【音5つ】ドレドシド(全て白鍵)
  1 3 1  2 1

②【音5つ】ソラソ♯ファソ(黒鍵・♯ファが1つ)
  1 3 1  2 3

③【音5つ】ファソファミファ(全て白鍵)
  131 23

④【音7つ】ソラソラソ♯ファソ(黒鍵・♯ファが1つ)
  1 3 1 3 1  2 3

⑤【音7つ】ファソファソファミファ(全て白鍵)
  1 3 1 3 1  2 3

お分かりいただけますでしょうか?
数字の羅列ですが、それぞれ間にスペースらしきもので区切ってある事を。

トリルは基本、1と3
トリルを抜ける時(スペースの次)に2
黒鍵は2
このあと、次にどの音を弾くかで最後の指は変わる

と、色々法則があるのです。

隣り合う指はトリルで用いない
白鍵か黒鍵かにより用いうる指のパターンがある

など。

その上で、
音の組み合わせやフレーズ・求められる表現により幾つものパターンがある

という事になります。

今日はきらきら星の12変奏を例に上げましたが、
これが全ての曲に、
また全ての人に当てはまるなんて事は・・・

・・・

はい。

これはあくまで
数多あるケースの中、ほんの一例です☺️

ですので、
きちんとお勉強されたい方は是非、
先生を探してレッスンをお受けになってくださいね。

指のお話については過去にも投稿がございますので、
よろしければそちらも参考にしていただけますと幸いです。

↓ ↓ ↓

https://akpianoforte.com/2020/02/17/blog-3/

トリルのコツ、少しでも掴んでいただけます様に。
そう願いながら本日はここまでです。

さて、
これからお昼に作ったシチューで晩ご飯。
旬のかぶと、京人参、シーフードを使った
お味噌が隠し味の
ほんのり和風クリームシチューです🍲✨

今日もよい音楽を🍀
最後までお読みいただきありがとうございました😊

かんえりょんピアノ個人レッスンでは、

音楽的感性を無理なく自然に
「音」として表現するための
基本的な体の使いかた・奏法、

感性を育みそれを理論で紐解きながら
説得力をもって伝わる演奏をするための
根本的な指導をさせていただいております

私は2022年6月〜オーストリアに住んでいます。
(カンガルーとコアラの国ではなく
 音楽の都・ウィーンの方です🤗)

日本からや、遠方の生徒さんは
オンラインレッスンを承ります。
小学生〜80歳代まで、
初心者〜音大・コンクール志望者さんまで、
お陰様で有難くご好評いただいております。

受講生の声・レッスンについてはこちら👇

ご相談はどうぞお気軽に
以下お問い合わせフォームよりご連絡ください。

●お知らせ
世界のどこでも受けられる♪本場の音のオンラインレッスン🎹
●Blog
【音大ピアノ受験】ピアノを始めてからショパンエチュードが弾けるようになるまでの10年でやった事
●Blog
【スキンケア・コスメ編】極寒&乾燥ヨーロッパの冬に備え日本一時帰国で買った物@プチプラ(旅行・留学・滞在・移住に)
●Blog
【みんなは何使ってる?便利グッズご紹介】ビザ更新!この先2年のオーストリア生活に向けて日本から持って来たモノ(仕事編)
●Blog
【祝・オンラインレッスンの生徒コンクール全国大会出場👏】オンラインだけで予選→本選と勝ち進み全国大会出場までにやった事全て書きます。
●Blog
【皆さまにご報告】新たにまた2年オーストリアに住めることになりました😊🇦🇹
●YouTube
【登録者さま1,150人感謝企画 #2】Steinway&Sonsで聴く名曲「ベネチアの舟唄」メンデルスゾーン
●お知らせ
世界のどこでも受けられる♪本場の音のオンラインレッスン🎹
●Blog
【音大ピアノ受験】ピアノを始めてからショパンエチュードが弾けるようになるまでの10年でやった事
●Blog
【スキンケア・コスメ編】極寒&乾燥ヨーロッパの冬に備え日本一時帰国で買った物@プチプラ(旅行・留学・滞在・移住に)
●Blog
【みんなは何使ってる?便利グッズご紹介】ビザ更新!この先2年のオーストリア生活に向けて日本から持って来たモノ(仕事編)
●Blog
【祝・オンラインレッスンの生徒コンクール全国大会出場👏】オンラインだけで予選→本選と勝ち進み全国大会出場までにやった事全て書きます。
●Blog
【皆さまにご報告】新たにまた2年オーストリアに住めることになりました😊🇦🇹
●YouTube
【登録者さま1,150人感謝企画 #2】Steinway&Sonsで聴く名曲「ベネチアの舟唄」メンデルスゾーン